ハイパーコンバージドインフラ

D-RAID ADVANCE

サーバとストレージが一体化 速くて安いハイパーコンバージドインフラ
D-RAID ADVANCEは、仮想化に最適なハイパーコンバージドインフラ環境を提供します。
また、サーバとストレージが一体化したシンプルな構成で迅速で容易な導入と高いデータ保護性能、ハイパフォーマンスをローコストで実現します。

ハイパフォーマンスの実現

大容量メモリのキャッシュ機能に加え、オプション搭載のPCIアクセラレーターをティア1とする自動階層化により、オールフラッシュストレージに匹敵するパフォーマンスを発揮します。特に仮想サーバやVDI(仮想デスクトップ)基盤で高密度なハイパーコンバージドインフラ環境を提供します。

システム導入と運用を簡素化

仮想化環境に最適化されたアプライアンス
1Uサイズのラックサーバー2台を1セットに仮想化環境の構築や運用のために必要なハードウェアやハイパーバイザ(VMware vSphere)、ソフトウェアのすべてが、あらかじめ最適な状態に設計・設定されているため構成が非常にシンプルで、導入が容易です。
拡張性の高さ
1セットの構成からスモールスタートし、将来的な負荷増加に合わせて柔軟にスケールアウト・スケールアップ拡張に対応します。
容易な環境移行の実現
利用中の既存ストレージからの移行機能が標準で搭載されています。そのため最小ダウンタイムでのデータ移行やマイグレーションを容易に実現し、既存資産を無駄にしません。

信頼性の高いデータ保護

完全筐体間ミラーでサーバ間のキャッシュをリアルタイムに同期してデータの保護と各システムの可用性を担保します。また、クラウド連携でのDR対策や筐体を別拠点に設置するとことでのBCP対策にも対応可能です。

主なストレージ機能

D-RAID ADVANCEリーフレット

D-RAID-ADVANCEリーフレット

製品に関するお問い合わせ

製品、サービスに関するお問い合わせは、
電話・フォームにて承っております。

お電話でのお問合せ

03-5604-7801

メールでのお問い合わせ