初めてのVxRail 超特価キャンペーン サムネイル
2021年4月30日発注分まで
お申込み期限:2021年1月29日

貴社ではvSphere 5.5の仮想環境を使用していませんか?

2020年9月に延長サポートが終了したvSphere 5.5は、仮想化環境の利用が普及した時期に多くの企業で仮想化ソフトウェアとして採用されました。そのため、ハードウェアの更改と重なる場合も多く、vSphere 6.5もしくは最新版の6.7(2020年2月現在)へのバージョンアップも含めた移行計画の策定は急務と言えます。

デジタルテクノロジーは、新仮想環境の基盤に最適な【VxRail】を、期間限定で特別価格でご提供するキャンペーンを実施します!

VxRail構成例

VxRailのみの構成例画像

VxRailとは?

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)とは?

Dell EMC社とVMware社が共同開発したHCI(ハイパーコンバージドインフラ)です。そのためVMware社が提供するvSphereと互換性があり、操作に慣れたvCenterで一元管理することが可能です。

そのほか、拡張性が高い、短期間で導入できる、サポート窓口を一か所に纏められる、などの豊富なメリットがあります。

ストレージ、ネットワーク、スイッチ、サーバーが1つの筐体に纏められた今注目の仮想基盤です。

高価なストレージ機器が不要になる、スモールスタートが可能、運用管理が簡単になる、など多くの特長があり、ここ数年導入企業が増加し続けています。

VxRailお勧めポイント

小さく始められて
拡張もラクラク!

様々な用途に合わせた豊富なシリーズを揃えるVxRail。増設時はモデルの混在が可能なうえ、LANに接続し約10分で簡単に拡張可能。最初はエントリーモデルから小さく導入し、企業の成長に合わせた拡張・パフォーマンス最適化が可能です。

管理がカンタン!アップグレードもワンクリック

従来のインフラ構成では仮想マシン・サーバー・ストレージそれぞれ別のコンソールからの運用が必要でしたが、VxRailならvCenterからまとめて管理可能。基盤更改時も新規VxRailを追加し、オンラインでデータ移行ができますので、移行コストも負担も大きく削減します。

トラブル時も安心!

ハード・ソフト問わず、システム基盤のトラブル時はDell EMCカスタマーサポート窓口で日本語・24/365体制で一元対応します。VMwareとDell EMCが連携して原因の切り分けを行い、お客様へリモートで対応するため、簡単、迅速にトラブルを解決に導きます。

DTCなら構築から保守までワンストップで対応!

超特価のHCI筐体と
基盤の導入サポートからDTC保守まで まるっと全部コミコミ!

VxRailE560が構築費用のみで9,800,000円

その他の構成もご相談ください!

デジタルテクノロジーにお任せください!

構築から保守まで
ワンストップで対応!

デジタルテクノロジーは、Dell EMC社のPlatinum パートナー、VMware社のプレミアパートナーです。メーカーからも認められる、創業30年の確かな実績でシステムの構築を請け負います。

超特価のHCI筐体と、基盤の導入サポートからライセンス・スイッチ・5年保守まで、まるっと全部コミコミでご提供します。

vSphere 5.5 からでも
既存環境への影響を抑えて移行!

  • 基盤更改を数か月後までに終えなければならないがなかなか対応できる業者がいない…
  • システム移行のダウンタイムが数日間に及ぶ試算に! なんとか短くできないものだろうか…

システム停止時間が大きくなりがちな vSphere 5.5 から vSphere 6.7 への移行も、ダウンタイムを大幅に削減して仮想マシンを移行します。

システム構築後の
データ保護までお任せ!

  •  
  • バックアップソフトの種類が多すぎてどれが最適なのかわからない…
  • 稼働中のシステムでバックアップの取得に失敗! 仕組みを再検討しなければ…
  • BCP対策を立案したいが予算内で実現できるのだろうか?

創業以来数多くのデータ保護ソリューションの導入実績があるデジタルテクノロジーなら、このようなお悩みにお応えできます!

 

キャンペーンについてもっと知る

チラシデータダウンロード

本キャンペーンのチラシデータ(PDF)をダウンロードいただけます。

無料相談

本キャンペーンに関するご相談や、製品・サービス・ソリューションに関するお問合せはこちらからお気軽にご連絡ください。