こんにちは。デジタルテクノロジーのS.Wです。
前回の記事では、毎回お手製RunBookを作成していると管理者の負担が非常に大きい、という話で締めくくっていました。
そこで今回は公開されているRunBookを使用することで管理者の負担を軽減するRunBookギャラリーについて紹介したいと思います。

 

RunBookギャラリーとは

RunBookギャラリーとは、Microsoftが管理・運営している作成済みRunBookの提供サイトです。
RunBookギャラリーでは、Microsoftやコミュニティから様々なRunBookが提供・公開されていて、それをAzure Automationにインポートすることが可能です。
Azure Automation で0からRunbook およびモジュールを作成するのではなく、公開されているRunBookをそのまま利用することや、特定の要件に合わせて修正して利用することができます。
RunBookギャラリーに公開されているRunBookを利用する際は、サイトからダウンロードしたり、Azure Portalから直接インポートすることが可能です。

 

Azure PortalからRunBookギャラリーのRunBookをインポートする

早速、Azure PortalよりRunBookギャラリーで公開されているRunBookをインポートしてみたいと思います。

まずはAutomationアカウントからRunBookを開き、「ギャラリーを参照」を選択します。

検索フィルターに検索したい文字列を入力します。

VMを停止するRunBookを探したいため、検索キーワードは「VM」としています。
検索結果に表示されるRunBookのタイトルや説明文よりインポートしたいRunBookを選択します。今回は「Stop Azure V2 VMs」を選択します。

選択したRunBookに間違いなければ「インポート」を選択します。

表示する名前や説明を入力し、「OK」を選択します。

RunBookがインポートされていることを確認します。

 

以上でRunBookギャラリーからRunBookを登録することができました。
すべてのRunBookを自分で作成するよりも、圧倒的に作業時間が短縮できることがお分かりいただけたと思います。

RunBookギャラリーを使用する際の注意点としては、本番環境に投入する前に必ずジョブの中身の確認と必要に応じた修正を行ってください。
このことは、マイクロソフト社からも確実に実施するよう注意喚起されています。