Protection & Recoveryはサーバのバックアップを行うAzure BackupとDisaster Recoveryを行うSite Recovery の2つのサービスに大きく分かれます。これらのサービスはどちらもAzure上のサービスRecovery Services コンテナー(RSコンテナー)から設定を行うことが可能です。

Azure VMの バックアップを取得するイメージとしては以下のようにディスクのスナップショットを取得してRSコンテナーにコピーするという流れになります。

本稿ではAzure Backupを使用してAzure上の仮想マシン、Azure VMのバックアップ設定をAzure  Portalから行う手順を紹介します。以下の2つの手順で設定が出来、どちらの方法をとってもRSコンテナー上にAzure VMのデータがバックアップされます。

  • バックアップ取得元のAzure VMバックアップを設定する方法
  • RSコンテナーを作成し、RSコンテナーからAzure VMのバックアップを設定する方法

Azure VM1台だけのバックアップであればAzure VMの項目から実施するとRSコンテナーが自動で作られるので設定が楽です。
ただ、Azure VMの項目からでは一度に複数台に対して設定が行えないため、同じバックアップ設定を行う場合はRSコンテナーから設定するのが便利だと思います。また、RSコンテナーのレプリケーション設定を変更する場合は現状バックアップ設定を行う前に実施する必要があるため、この場合も先にRSコンテナーを作成する必要があります。

Azure VM バックアップ

バックアップ対象仮想マシンからバックアップ設定

この手順ではAzure Linuxという仮想マシンをLinuxBackupというRSコンテナーに取得する手順を記載しています。

バックアップ設定

ポータルから「Virtual Machines」を選択し、対象のAzure VM(今回はAzureLinux)を選択します。

「バックアップ」を選択します。

バックアップ先となるRecovery Services コンテナーを指定します。ここで「新規作成」すると自動でRSコンテナーが作成されます。
その際、AzureVMと同一のロケーションが選択され、バックアップレプリケーションポリシーはgeo冗長で構成されます。
※この方法で構成するとgeo冗長から変更できません。

RSコンテナーを新規作成した場合のみ、RSコンテナーが含まれるResource group を指定します。

「バックアップポリシー」を選択し、「ポリシー名」、「バックアップの頻度」、「保管期限」を指定し、「OK」を選択します。

「バックアップの有効化」を選択します。

バックアップの有効化が成功すると以下のような[通知]が行われます。リソースグループはこの設定で行った名称とは異なる名称で表示されます。

バックアップジョブ確認

Azure VMの「バックアップ」欄にRSコンテナーが表示されるようになります。バックアップポリシーに従い、指定したRSコンテナーにバックアップが取得されます。

 

 

Recovery Services コンテナーからバックアップ設定

RSコンテナーを作成し、RSコンテナー設定からバックアップを行う手順を記載します。
この手順では「RecoveryServicesContener」というRSコンテナーに「Backup-Test」というAzure VMのバックアップを取得します。

Recovery Servicesコンテナーの作成

上部検索バーからRecovery Services コンテナーを検索し、「Recovery Services コンテナー」を選択します。

「追加」を選択します。

RSコンテナーの「名前」、「Resource group」、「場所」を選択します。「場所」はバックアップを取得するAzure VMと同じ場所に設定する必要があります。
各種設定後、作成を選択します。

展開が完了します。

作成されたRSコンテナーが表示されていない場合は「更新」を選択します。

RSコンテナーを選択します。

ストレージレプリケーションの構成

RSコンテナーの展開完了後、必要があればストレージレプリケーションの種類を変更します。
ストレージレプリケーションの種類はこのコンテナーに対してバックアップを有効化すると変更できなくなります。※そのうち変更できるようになるかもしれないとのことです。

デフォルトの「geo冗長」から「ローカル冗長」に変更する場合は以下の手順で実施します。

「Backup Infrastructure」 -「バックアップ構成」-「ローカル冗長」-「保存」

 

バックアップジョブ設定

「バックアップ」-「Backup」-「バックアップ ポリシー」-「OK」を選択します。

バックアップを取得するサーバにチェックを入れ、「OK」を選択します。

「バックアップの有効化」を選択します。

バックアップの有効化が成功すると以下のような[通知]が行われます。リソースグループはこの設定で行った名称とは異なる名称で表示されます。

バックアップジョブの確認

Recovery Services コンテナーの「Backup Items」-「Azure Virtual Machine」を選択します。

バックアップサーバ名とバックアップの状態が表示されます。

ここまででバックアップの設定は完了です。次項ではリストア手順をなぞります。