ユメノソラホールディングス株式会社 様
HCI (VMware vSAN) 導入事例

全社サーバー群を仮想化し運用負荷軽減とスピード向上を実現
VMware vSANも活用することで高い拡張性も確保

世界最大のインディーズコミック販売会社として、クリエイターを強力に支援し続けているユメノソラホールディングス株式会社。
ここではビジネスを支える200台のサーバーが、デジタルテクノロジー(DTC)のHCI製品で仮想化されています。採用理由は導入のしやすさとコスト面での優位性。またVMware vSANによる拡張性の確保やバックアップなどの周辺ソリューションの提案、真摯でスピード感のあるサポートも高く評価されています。すでに25台が導入され、この上で500台を超える仮想マシンが稼働。この基盤の上で新たなサービスを立ち上げていくことで、2017年から3年間で業績250%の達成が目指されています。

目次

  • ビジネスの成長に伴い増え続けた物理サーバー リソースの有効活用が難しく運用管理負担も限界に
  • DTCのHCI製品が実現した低コストかつ容易な仮想環境の導入 VMware vSAN搭載のHCIも追加導入し高い拡張性も確保可能に
  • サーバー関連コストは1/5、人件費を含むTCOも2/3に バックアップにはVeeamを活用し仮想マシンの完全復元も実現

課題

2016年にはサーバー台数が200台を超えていたが、導入時期や保守更新がバラバラだったため、運用管理が煩雑になっていた。またリソースの有効利用も難しく、古いサーバーの所在がわからなくなることも少なくなかった。

解決

 DTCが提供するHCI製品でサーバーを仮想化することで、物理サーバーの入れ替えに比べて半分のコストでシステム基盤を刷新できた。これによってリソースの柔軟な活用が可能になり、運用に関わる人件費を含むTCOも2/3に低減した。

今すぐ無料でダウンロード!