セキュリティソリューション

Barracuda WAF(Web Application Firewall)

サイバー攻撃をシャットアウト。ハッカーからの攻撃をブロックし、顧客情報流出を防⽌するWAF(Web Application Firewall)の決定版
Barracuda WAFは、2007年よりWAFの国内販売台数シェアNo.1※。
⼀般企業はもちろん、ECサイト、xSP、⾦融機関、⾏政、⼤学など、幅広い業種にご提供しています。
顧客情報などの流出は、信⽤の失墜・賠償責任などを企業にもたらします。

脆弱性対策として、セキュアプログラミングによるWebアプリケーションのセキュリティ向上をさせても、
常にバージョンアップが必要となり、膨⼤なコストが発⽣し続けるものです。

こうした問題を解決するのがサーバサイドに設置するWebアプリケーションファイアーウォール、通称WAF。
Webアプリケーションを脅威から守り、Webサービスのセキュリティを極限まで向上させます。
※株式会社富⼠キメラ総研発⾏2013ネットワークセキュリティビジネス調査総覧 (上巻:市場編)  a.ゲートウェイ型

こんな方におすすめ

情報漏えいを
未然に防ぎたい
不正アクセスの
対策をしたい
脆弱性対策に関する
コストを削減したい

選ばれる理由

1、開梱後30分、シグネチャでXSS/SQLインジェクション対策完了

Barracuda WAFは、ブラックリスト型を採⽤することで、攻撃定義シグネチャにより既知のXSSやSQLインジェクションに対する防御対策が完了するため最新の攻撃にも すぐに対応が可能です。Barracuda WAFをネットワークに接続し、電源をオンにするだけですぐさまWebアプリケーションの保護が可能。その間わずか30分。攻撃定義ファイルは30分毎に更新され、バラクーダセントラルから最新のものをダウンロードすることで、常に最新の攻撃を監視/解析を実施します。
攻撃定義ファイルでは、クロスサイトスクリプティング、SQLインジェクション、リモートファイルインクルージョン、ディレクトリトラバーサル、OSコマンドインジェクションなどの攻撃をブロックすることが可能です。
開梱後30分、シグネチャでXSS/SQLインジェクション対策完了

2、⽇本語化された⾒やすく理解しやすいインターフェース

国内で販売される多くのWAFの管理GUIが⽇本語対応されていない中、Barracuda WAFは⽇本語化を実現。直感的な操作感に多くの企業から満⾜の声をいただいています 。また⽇本国内のお客様のために、独⾃の⽇本語セットアップガイドを作成・配布をしているため、⼿軽にセットアップ・チューニングが可能です。
Webファイアウォールログ画⾯では、攻撃の⼀覧と適⽤されたルールを確認することができます。ログの検索や修正も可能です。
ログの詳細画⾯も⽇本語で確認ができます。

3、低価格で豊富なモデルを取り揃え最低価格1,285,000円〜(初年度保守込)

Barracuda WAFは、⼩規模サイト向けのモデルから、⼤規模サイトモデルまで、5つのモデルをご⽤意しております。Webアプリケーションファイアウォールは、⼀般的 に⾮常に⾼価であり、 Webアプリの脆弱性の可能性を理解していても、⼩規模、中規模のサイトでは、なかなか導⼊には敷居が⾼いと感じてらっしゃるお客様でも、最低価格128万50000円からご⽤意 致しております。ユーザライセンスや専⽤マネジメントサーバは必要ありません。

主な機能

L7 DDos攻撃に効果を発揮
最近のDDoS攻撃は、従来のSYN floodやSmurfなど、レイヤーの低い攻撃だけではなく、L7レイヤーで仕掛けてくるものが多数存在します。
Barracuda WAFならスローク ライアントアタック機能により、通信量を常に監視し、送信元IPアドレスあたりの通信量の平均を判断し、想定した通信量よりも著しく少ない場合リアルタイムで判断すると、Barracuda WAFが通信 を切断します。
GeoIPによる国ごと許可・ブロック
国、地域IP辞書を搭載(⾃動更新)することで、特定の国からのアクセスのみを許可 or 拒否することが可能です。国情報、地域IP情報以外にも、衛星
携帯電話を経由 した通信の遮断にもご利⽤頂けます。IP情報は、定義ファイルによる⾃動更新のため、管理者が常にチェックする必要もありません。
例外設定も可能です。サービス提供範囲が限定されている場合、 危険にさらす頻度が少なくなり有効な⼿段となります。
IPレピュテーションで怪しいネットワークから通信拒否
送信元のIPレピュテーション情報を元に、匿名プロキシ(Anonymous Proxy)、Torネットワーク(IP発信元隠蔽技術)、ボットネットからのア クセ
スを拒否します。IPレピュテーションはBarracuda Email Security Gatewayで利⽤されるBarracuda IPレピュテーションDBを利⽤しています。
Barracuda IPレピュテーションは、150,000台の BSVFからのボット情報を活⽤し、これらのIP情報も定義ファイルとして⾃動更新されます。
CAPTCHA(キャプチャ)機能でパスワードリスト攻撃を回避
パスワードリスト攻撃対策として、⼤量のログイン⾏動を検知したときだけ、CAPTCHA(キャプチャ)認証画⾯を挿⼊することで、攻撃者のルーチ
ン化されたリクエス トではログイン失敗と認識されるため、万⼀、別のサイトで流出してしまったパスワードを利⽤したログイン試⾏が会った場合
も、防御できます。
L7ロードバランス
IP/クッキー、パラメータ、ヘッダによるセッション維持やURLによるサーバ切り替えが可能です。※モデル460以上で利⽤可
SSLオフロード
Webサーバの処理負荷軽減に有効、すべてのSSL処理をBarracuda WAFで実⾏することも可能です。
HTTPキャッシング
HTTPトラフィックに対して、Barracuda WAFのキャッシュから応答します。Webサーバの負荷を軽減し、レスポンスの改善に有効です。※モデル
460以上で利⽤可
HTTP圧縮
レスポンスデータを圧縮することでクライアントレスポンスを改善します。※モデル460以上で利⽤可

Barracuda Message Archiver

メールのバックアップからクラウド移⾏時のメール管理まで、確実にメールを⻑期保存リアルタイムでメールを⾃動保存、全⽂検索により迅速に検索・復元が可能なアプライアンス
法令・コンプライアンスの準拠から、クラウドメールの移⾏時のメール管理に。
メールアーカイブの⽤途は年々進化し、今ではSOX法、関税法などの各種コンプライアンス準拠から
情報漏えい対策、メールバックアップ、そしてOffice365やGoogle Appsなどのクラウドメールへの移⾏に、メールアーカイブは必要不可⽋です。

オンプレミスだけでなく、クラウドメールのメールアーカイブを⽤途と導⼊形式に伴い、⾃由に選択ができる
Barracuda message Archiver。
効率的なインデックスを作成し、すべてのメールの⾃動保存が可能し、
検索・復元性に優れ、運⽤効率の向上と、規定コンプライアンスニーズを満たします。

こんな方におすすめ

メールを確実に
⻑期保存したい
メールのバックアップ体制を
⾒直したい
過去の送受信メールを
簡単に検索したい

選ばれる理由

1、ユーザライセンス不要、低コストで導⼊可能

Barracuda Message Archierはユーザライセンス不要なため、ユーザの増減を考慮することなくお使い頂けます。
⻑期間メールを保存する上で、退職者や過去に在籍した派遣社員など、現在利⽤していないメールアドレスに対する無駄なライセンスは発⽣しません。

2、モバイルユーザの利便性を向上

iOS/Androidのアプリ(無料)を利⽤して、外出先やリモート環境からBarracuda Message Archiverにアクセスして、⾃分の過去のメールを検索、コピー、
転送、返信を⾏うことができます。メールボックス上で埋もれてしまった過去のメール についても、使い勝⼿の良いアプリを利⽤すると、簡単に該当のメー
ルを探し当てることができます。

3、オンプレミスとクラウドのダブルアーカイブが可能ユーザの利便性を向上

Barracuda Message Archiverは、オンプレミスで導⼊されたMicrosoft Exchange, IBM Lotus Notesサーバなどの既存メールサーバに対するメールアーカ
イブだけでなく、Office365やGoogle Appsなど、メールサーバをクラウドに移⾏した場合も、オンプレミスでメールアーカイブを実現することができるソ
リューションです。

主な機能

全⽂検索を標準サポート
Message Archiverは全⽂検索を標準でサポートしており、検索したいキーワードを⼊⼒するだけで、該当するメール⼀覧が表⽰されます。
条件検索による優れたメールの検索性
条件検索にも対応しており、絞り込み検索でメールと簡単に特定することも可能です。絞り込み対象は、件名・本⽂・送信者などを始め、20種類の絞
り込み条件が⽤意されています。
検索したメールのリストア
検索画⾯でヒットしたメールは、ブラウザ画⾯で確認できるだけでなく、1メール単位または複数のメールをまとめてeml形式・PST形式でエクス
ポートすることが可能です。メールの復元などに利⽤できます。
検索したメールの転送・返信
検索したメールを、指定したメールボックス宛に再送する転送機能を備えています。 iPhoneアプリを利⽤するとメールアーカイブから、送信者へ
メールの返信をすることもでき、任意のメールアドレスへ転送、または再配送することも可能です。

Barracuda Essentials for Office365

包括的なセキュリティおよびデータ保護をOffice365で実現
Microsoft Office 365向けの多層セキュリティ、バックアップ、アーカイブ、およびeDiscovery。
Office 365環境を完全に保護し、安⼼して運⽤いただけます。
Barracuda Essentialsは、危険なランサムウェアやフィッシング攻撃からユーザを保護し、安全、効率的、経済的なOffice 365の導⼊をサポートします。
ダウンタイムの短縮、コンプライアンスの実現、Exchange Online、OneDrive、SharePoint Onlineのデータ復旧といった多彩な機能を備えています。

こんな方におすすめ

Office365への
すべての攻撃を防⽌したい
ランサムウェアの対策
を強化したい
顧客データなどの
機密データの漏えい防⽌をしたい

選ばれる理由

1、包括的なメール脅威対策

今⽇のIT部⾨は、フィッシング、マルウェア、ランサムウェア対策機能を搭載し、簡単に管理できるメールセキュリティソリューションを求めています。

このニーズを満たすのが、Barracuda Email Security Serviceです。マルチレイヤから成るメールセキュリティに加えて、ダウンしないメールサービスと情報
漏えい対策を実現します。

Barracuda Email Security Serviceの機能の1つであるATP(Advanced ThreatProtection)は、不審な添付ファイルをサンドボックスに送信し、スキャンし
てマルウェアを検出します。

2、アーカイブでコンプライアンスを実現

Barracuda Cloud Archiving ServiceをOffice 365に統合することによって、クラウドベースのインデックス付きアーカイブを構築できます。

きめ細かい保管ポリシー、⾼機能検索、監査/アクセス権限の付与、訴訟ホールド、エクスポートなどにより、eディスカバリとデータ保管をサポートしま
す。

訴訟などの可能性がある場合に、所定の期限が終了または削除されるまでメールを保全し、データの改ざんを防⽌する訴訟ホールド機能が提供されていま
す。
また、メールサービスが使⽤不能な状態であっても、ネイティブ/モバイルアプリの直感的なインターフェースからメッセージを簡単に検索できます。

3、バックアップと復旧

Office 365は、拡張性と冗⻑性に優れたアーキテクチを採⽤しており、⾃然災害や物理的な故障によるダウンタイムを最⼩限に短縮したいという企業ニーズを
満たすことができます。

その⼀⽅で、クラウドならではのデータリスクが存在し、たとえばユーザが故意または過失でデータを削除した場合には、データはクラウドアプリケーション
から完全に消去されてしまいます。

Microsoft Office 365向けのBarracuda Cloud-to-Cloud Backupは、Exchange O n l i n eメールボックス、S h a r e P o i n t Online、OneDrive for 
Businessのファイルとフォルダを保護し、故意または過失によって削除されたデータも確実に復旧します。

主な機能

⾼度な標的型攻撃を防⽌
添付ファイルサンドボックス、ウィルス対策、フィッシング対策、タイポスクワッティング対策などの⾼度なセキュリティ機能を実装しています。
DLP(データ盗難プロテクション)とメール暗号化によって、クレジットカード、顧客データなどの機密データが漏洩しないようにします。
プライマリメールサービスを使⽤できなくなった場合は、メール継続性サービスによって、メール運⽤を続⾏できます。
Microsoft Office 365メールボックスを検証
完全なシステムエミュレーションサンドボックスなどのATP(Advanced Threat Protection)技術を使⽤して、リモートからファイルを実⾏して、
その動作を監視します。
また、メール内のすべての⾼度な脅威、およびリスクにさらされている従業員を検出し、詳細にレポートします。
Microsoft Office 365向けのバックアップとリカバリ
データをリスクにさらす⼈的データ損失とAPT(持続的標的型攻撃)は常に存在します。
健全なバックアップおよびリカバリ戦略があると、誤削除または悪意のある削除の場合も、バックアップおよびリカバリサービスの提供を続⾏できます。
また、ランサムウェア攻撃の場合も、ランサム(⾝代⾦)を⽀払わずに、データのリカバリを続⾏できます。
コンプライアンスのためのアーカイブ
緻密なメール保存ポリシーをセットアップすると、重要なメールをBarracuda Cloudに保存およびアーカイブできます。
アーカイブしたすべてのメールは、必要に応じて、迅速に検索およびエクスポートできます。実際、メールサービスを使⽤できない場合も、弊社のネイ
ティブモバイルアプリでメールを検索できます。
訴訟の場合は、訴訟ホールドが期限切れになるか、削除されるまでは、訴訟ホールドをメールに適⽤すると、メールの改ざんまたは削除を防⽌できます。

サービスに関するお問い合わせ

製品、サービスに関するお問い合わせは、
電話・フォームにて承っております。

お電話でのお問い合わせ

03-5604-7801

メールでのお問い合わせ