仮想化ポータル

DTC仮想化ポータル「Clouding Start」

DTC仮想化ポータル「Clouding Start」は、デジタルテクノロジーより提供される仮想化基盤をまとめてお伝えする、仮想化に関する情報サイトです。

仮想化とは?
ハードウェアリソースの有効利用や運用コストの削減、セキュリティの強化など、様々な効果が期待される仮想化技術。以前から注目を集めていた仮想化が、仮想化ソフトウェア製品の充実やハードウェア技術の進歩で、実用化の段階に入っています。仮想化は、これまで物理デバイスに対して1対1の関係だったOSやアプリケーション、データの関係を崩し、より柔軟な運用を実現する技術です。ひとくちに仮想化と言っても、「サーバ仮想化」や「ストレージ仮想化」、「デスクトップ仮想化」と様々な仮想化技術があり、それぞれ以下のようなことを実現します。

サーバー仮想化

1台の物理サーバ内で複数のOSやシステムを動作させ、利用者にあたかも複数のサーバがあるように見せる技術です。
サーバ仮想化を行うことで、物理サーバのハードウェアリソースを有効活用することができ、多くの物理サーバを統合することで管理コストを減らすことができます。また、古いシステムを最新ハードウェア上で動作させてシステムを延命する、といったことも可能です。 代表的な製品として、「VMware Virtual Infrastructure/vSphere」「Microsoft Hyper-V」「Xen」などがあります。

ストレージ仮想化

ストレージの仮想化は、複数のストレージデバイスを1つの仮想ストレージ・プールとして扱う技術。 ストレージ仮想化を使うと、大容量データを複数のストレージをまたいで保存したり、利用頻度の高いデータは高速なストレージ領域に、利用頻度の低いデータは低速で安価なストレージ領域に置くといった柔軟な運用が、容易にできるようになります。これまで使われていなかった各ストレージの空き領域の有効活用ができるようになり、管理負担の削減も実現できます。

デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化は、OSをクライアントPCと切り離す技術です。

デスクトップ仮想化は

  • 1台のPC上で複数のOSを動かす
  • サーバ上で複数のOSを動かしネットワークを経由してクライアントPC上で利用

という2つに分けられますが、前者は主に個人ユースで、いま企業で注目を集めているのは後者のサーバで動かしたOSをクライアントPC上で利用するデスクトップ仮想化です。

デスクトップ仮想化を使うと、セキュリティポリシーの徹底と管理負担の削減、アプリケーションの互換性確保といったメリットが得られます。 代表的な製品として、「XenApp」「VMware View(旧Virtual Desktop Infrastructure)」「Microsoft VDI」などがあげられます。

DTCの仮想化への取り組み
デジタルテクノロジーでは、仮想化の導入フェーズごとに様々な支援メニューを提供しております。
支援メニューは随時、強化・拡張しておりますので、詳細は個別にお問い合わせ下さい。
アセスメント

ヒアリングやツールの導入によるIT資産の洗い出し、キャパシティの調査・分析を行います。
仮想化導入を行う上で最も重要なフェーズとなります。

基本設計・詳細設計

アセスメントにて調査された内容に基づき、仮想化環境への統合を行うサービスを決定し、ハードウェアサイジングを行います。
また、必要に応じて弊社環境において共同検証を行います。

構築

設計に基づき、サーバ、ストレージ、ネットワークなど、最適な製品を選択してシステムを構築します。

移行

導入する製品や各種ツールを用い、既存の物理環境から、新規の仮想環境へシステムの移行を行います。

運用

バックアップや監視など、運用時に必要となる統合管理環境を構築し、管理者の運用負荷を軽減致します。
必要に応じてハンズオントレーニングなどを実施します。

サーバ仮想化パッケージ
スターターパッケージ

> IBM BladeCenter S
高額なSAN環境がなくてもvMotionを含む本格的なサーバ仮想化環境を構築できる「BladeCenter S」をベースにVMwareライセンスもつけたスターターパッケージです。開発・テスト環境や、小規模なサーバ統合に最適です。

PDFダウンロード