製品

あらゆるジャンルを網羅する、多種・多彩な製品群 ‑ デジタルテクノロジーでは、
マルチベンダーとしての特徴を活かして、プライベート・クラウド構築、パブリッ
ク・クラウドとのハイブリッド・クラウド構築はもちろん、企業内システム基盤
構築を、お客様に最適な製品にて構成・構築致します。

サーバ・HCI・クライアント

サーバ(IAサーバ、UNIX)

DELL EMC

PowerEdgeシリーズ
Hewlett Packard Enterprise

ProLiantシリーズ
FUJITSU

PRIMERGYシリーズ
SPARC Servers
GIGABYTE

HPC用途向けGPUサーバ
Lenovo

ThinkSystem
Microsoft
Redhat

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)

デジタルテクノロジー

D-RAID ADVANCE
DELL EMC

Nutanix
VSAN
VxRAIL
Hewlett Packard Enterprise

Simplivity
FUJITSU

PRIMEFLEX
NUTANIX

acropolis hypervisor
vmware

VSAN

クライアントシステム

DELL EMC
日本HP
Lenovo
ZOHO

DesktopCentral
Microsoft

製品、サービスに関するお問い合わせ

製品、サービスに関するお問い合わせは、
電話・フォームにて承っております。

お電話でのお問い合わせ

03-5604-7801

メールでのお問い合わせ

基礎から教えるVeeam製品・ライセンス・エディションまとめ

2021-05-14 18:21

初めてVeeamを提案する方向けのライセンスガイドです。初心者の方がつまづきやすい製品・ライセンス・エディションについて特徴をまとめています。また、簡単に製品を選定できるフローチャートも作成しましたので、ぜひご活用ください!

情報漏えい対策におけるActive Directory管理の課題と解決策

2021-04-22 10:23

新型コロナウイルスの拡大防止のために、日本でも多くの企業がテレワークの導入と実施を始めました。これまでよりも利便性の高いIT環境が整ったことで、ライフスタイルにあった柔軟な働き方を実現出来ます。その一方で、組織は複雑化の一途を辿るIT環境において、様々な脅威から、情報資産、知的財産を保護しなければならなくなりました。IT部門が抱えるセキュリティに関する課題は多岐に渡りますが、対応を怠ってしまうと情報漏えい、システムダウンによる業務停止、営業利益の損失、多額の損害賠償などの被害を被り、ひいては顧客からの信頼を失うことに繋がりかねません。今回は別ブログにてご紹介している「情報セキュリティ10大脅威」の中から“情報漏えい”に着目し、多くの組織においてID基盤となっているActive Directory管理の重要性と強化について紹介していきたいと思います。

企業を圧迫する「シェルフウェア」への対策とは(前編)

2021-04-21 18:13

企業にとって重要なコスト削減。しかしその効果は少しずつしか実感できません。 そこで、今回は企業のコストを大幅に圧迫する"シェルフウェア"について の説明と解決策についてご紹介していきたいと思います。

Veeam Backup Enterprise Managerの日本語対応

2021-04-21 17:31

Veeam Backup & ReplicationのV11が2月下旬にリリースされました。 このアップデートにより、Veeamの管理コンソールであるEnterprise Managerを日本語で操作できるようになりました。 今回は、日本語で表示されている管理画面や設定方法について解説していきます。

AWSのコストを削減するDruva CloudRangerのリソーススケジューリング機能

2021-03-22 10:29

Druva Cloud PlatformからSaaS形態で提供されている”CloudRanger"は、ポリシーベースのAWS EC2 インスタンスなどのバックアップや災害復旧(DR)ソリューション、AWSアカウント監視などの管理向け機能を備えているサービスを提供しています。 その中のひとつである”AWSリソーススケジューリング”機能を用いることでAWS EC2インスタンス稼働スケジュールの自動化を行える便利な機能を備えているので紹介していきましょう。