社員インタビュー

ユニットマネージャ対談

ユニットマネージャとしてメンバーをまとめる二人の対談です。

 —学生のころと比べて変わった部分があれば教えてください。

W.K.  大きく変わった点は「働く」という事に関する考え方でしょうか。
学生の頃はバイトをしていましたが、特別なやりがいを持って取り組めていた訳ではなかったので「早く時間が過ぎないかな」と頻繁に時計を気にしていた記憶があります。当時はすごく受け身の姿勢だったんでしょうね。
今は営業として仲間のメンバーやお客様と一緒になってビジネスを作っていく仕事をしていて、とても能動的な姿勢で取り組めていると思っています。提案などでは皆でアイデアを出しあったり、自ら「こうしてみたい」という意欲をもって物事に取り組むと実現性も高まるのでそれもまた面白く、学生の頃のような「やらされ感」はありません。長い社会人生活を送るにあたって「仕事=つまらない、苦痛」ではなく、「仕事=面白い、やりがいがある」にした方が良い事は明白です。全てがうまくコントロールできる訳ではないですが(笑)

A.K.  Wとは違って、自分はあまり変わってないと感じますね。新人と同じような回答になるけど、「休みが減った」とか「責任感が増えた」とかそんな程度です。自分はITの技術に携わりたいという気持ちが強かったので、その好きなことを学生時代から夢中でやり続けている感覚。そこに社会人として必要な要素が少し加わったのかなと思う。

  

 —マネジメントにおいて心掛けていることはなんですか

W.K.  私が特に心掛けている事は、職場の環境作りや教育、メンバーとの提案活動などを通じて「この会社に所属する価値」をメンバーに提供することです。
人は貴重な財産。どんなにビジネスが成功しても、時には苦しい状況であったとしても、一緒に取り組んでくれる仲間がいなければうまくいきません。パフォーマンスを発揮してもらうには能動的な姿勢をもってもらうことが必須なのですが、そのような姿勢になってもらうためには「この会社で頑張ってみたい」と思ってもらえるきっかけが必ず必要だと考えています。「この会社に所属する価値」は人によって様々であり、また時代によっても変化するものなので、コミュニケーションを特に大事にしています。

A.K.  管理職として、部下への技術的な教育やフォロー、ユニット内の案件管理や稼働管理をしています。皆が気持ちよく働けて、個々の能力を最大限発揮できる職場づくりが一番心がけていることかなと思います。部下と接する際は、話をしっかり聞き褒めるときは褒め、叱るときは叱り、その後の適切なフォローによって、強固な信頼関係を築いているつもり。

 

—これからの展望をお聞かせください

A.K.  これからの組織のために自分が何を出来るのかを、いつも考えていますね。部下の教育はもちろんだけど、部下が働きやすい環境作りを一番心掛けています。良い組織にとって必要な要素は「多様性」だと考えているんだけど、異なるスキル、特性が組み合わさる事で組織としての色々な可能性を生み出してくれる。
メンバー毎の適性に合わせて教育をすることで、個としても伸び伸びと成長し、個が伸びた分組織も一緒に成長していく、そんな成長モデルが理想だな。一番重視したいのが「意識の持ち方、物事の考え方、発想力」などの成長が一番嬉しい。

W.K. ええ。仕事の成果にも影響する事はもちろんですが、組織が自走していく為の大きな動力にもなりますので、教育においてとても重要なポイントとして私も捉えています。ちなみに「意識の持ち方、物事の考え方、発想力」については若いメンバーから刺激をもらう事もあります。時にはハッと気付かされるような意見が出てくるので楽しいですよね。これからも一緒に切磋琢磨していきたいですね。

 

内容は2019年5月取材時のものです。