中央電設株式会社 様 Windows Server と Microsoft Azure の連携 導入事例

Windows Server と Microsoft Azure の連携によって、工事現場の重要データを簡単バックアップ。現場作業員に負担をかけない自動運用と、信頼できるパートナーによって "安心" を獲得

中央電設株式会社では、全国に散在する仮設の現場事務所にファイルサーバーを設置して、CADデータ や工事写真、協議記録ほかの現場書類の電子データ管理を行っています。しかし、日々手動で本社サーバーへバックアップする作業が、現場の負荷を増していることを問題視。低コストに導入でき、現場にも一切の負担をかけないシステムを求めて検討を重ねてきました。そして、2014 年。同社が理想とするしくみを、最適なコストで実現する方法として採用されたのが、オンプレミスの Windows ServerとパブリッククラウドサービスであるMicrosoft Azureの連携による全自動バックアップでした。

導入の背景とねらい

ヒューマンエラーを可能な限り排除したストレスフリーなシステムでデータを保全

中央電設株式会社 (以下、中央電設) は、電気工事請負、冷暖房給水工事請負等を目的として1948 年に設立されて以来、65 年を超える歴史の中で培った豊富な経験と高い技術力を活かし、 あらゆる設備工事の設計・施工・アフターフォロー等をワンストップサービスで手がけています。 大阪、京都から東京、茨城まで幅広く事業を展開する同社が、ICTの課題として意識していた事柄が、CADデータや工事写真などの「電子データの保全」でした。全国各地に点在する工事現場では、従来から現場設置のNAS (Network Attached Storage) を使用したファイルサーバーを活用し、データを保管。さらに、本社や東京支店などに設置されたファイルサーバーに手動でバックアップを作成し、管理されてきましたが、「工事現場には、データ損失の危険が数多く潜んでいる」と、 中央電設 常務取締役 東京支店長 直田 亮二 氏は言います。

「工事現場に立てられる事務所はプレハブが多く、防犯を徹底できる環境にはありません。さらに、 ほこりも多くサーバーなどのハードウェアにとって過酷な環境となっています。しかし、工事の打合せ議事録などは建設業法上保存期間が定められており、失うことはできません。そのため、1 日の終わ りに手動で本社のサーバーにバックアップをとっていたのですが、現場に敷かれた帯域の細いネットワークで、日々増え続けるデータを送信することは、現場にとって大きな負担となっていました」。 運用にかかる負担が多いほど、ヒューマン エラーが誘発されると、直田氏は続けます。 「保管するCADデータや記録写真、現場書類は、工事の進捗に合わせて増えていきます。帰り際にバックアップを開始して、翌朝の操業時になってもまだ終わらず、作業に支障が生じる場合もあります。 そうしたことが要因となって、バックアップがおろそかになってしまうこともありました。こうした不具合を解消するために、バックアップを自動化し、手間なく運用できるしくみを求めていたのです」。



続きはこちらから(PDFダウンロード)