ワークスタイル変革

テレワーク就業時間取得システム

テレワークや在宅勤務中の就業時間把握に最適な労務管理ソリューション

就業時間だけでなく無操作時間や利用アプリ情報も自動取得。信頼性の高いテレワーク管理を実現します。

テレワーク就業時間取得システムの特長


  物理・仮想問わず労務時間の管理が可能

  使用アプリや閲覧URL、無操作率なども取得

  社員が不快に感じる情報は取得しない

課題

テレワークにおける課題として、各社員の就業実態の把握が難しいことが挙げられます。

テレワークの申請をしたものの、当日一度もPCへのログインがない

テレワーク開始時間に合わせPCのログオンやリモート接続を開始するものの、何も操作をしていない状態が長時間続いている

テレワーク中、長時間業務に関係のないサイトの閲覧や業務外アプリケーションを使用している

テレワーク開始/終了申請時刻とPC利用時間に乖離がある

テレワーク就業時間取得システムとは

定期的にPC(物理・仮想)の稼働状況を収集し、
リモートPCへの接続、切断時刻だけでなく
使用アプリケーションや閲覧URL、無操作率などを各ユーザごとに取得し
レポートにまとめて管理者に送付する労務管理ソリューションです。

そのため、テレワーク就業の最適化を図ることが可能になります。

特長

社員が不快感を覚える情報などは取得しない

機密になり得るデータや社員が不快に感じるような情報(カメラ映像、キータイピング情報、ファイル名など)は取得しない為、導入時の社員の不安を最小限に抑えることが可能となっています。

VDIやリモート接続との混在環境にも対応

通常のPC利用のほか、社内PCへのリモート接続やVDI(仮想デスクトップ)の各接続方式全般に対応しており、またそれらが混在している環境でも共通のシステムで把握が可能となっています。

取得できる情報

働き方改革に伴う在宅勤務、リモートワークでの作業時間把握にも対応しています。

ユーザー名

社員が使用しているユーザ名 

ドメイン名

ユーザが所属しているドメイン名

PC名

ユーザが使用しているPC名

接続時刻

物理PCであればログイン時刻、VDIの場合は接続時刻

切断時刻

物理PCであればログアウト時刻、VDIの場合は切断時刻

使用時間

ログインからログオフまでのPC使用時間

ログイン遅延(秒)

PC立ち上げからログイン完了までにかかった秒数

無操作率

使用時間中にマウス、キーボードなどの操作が5分以上無かった時間の割合

無操作時間

使用時間中にマウス、キーボードなどの操作が5分以上無かった時間数

IPアドレス

使用時間中に割り当てられたIPアドレス。社内での使用か社外での使用かを判別することが可能

活用シーン

テレワーク就業時間取得システムは以下のようなシーンで効果を発揮します

自己申告ではなく
客観的な労働時間を知りたい

サービス残業・カラ残業を
撲滅したい

既存の勤怠管理システムと
連携させたい

※CSVデータ等を取り込める場合に限ります

運用までの流れ

  お問い合わせ

  導入するか未確定の段階でもご相談いただけます

  詳細ご説明・ヒアリング・疑問回答

  社員数や定期レポートの発行周期など、導入に必要な情報をお聞きします

  ご提案・お見積

  ご成約

  作業

 サーバー構築・エージェント配布・レポートのメール配信設定 など

  運用

 定期レポートを指定アドレスに送信。コンソール画面も見なくてOK。
 トラブル発生時にも対応します。

WEB会議でもご相談を承ります

お電話やメールのほか、WEB会議でもご相談をお受けいたします。

詳細のご説明や、進め方についてのご質問など、お気軽にお訊ねください。

サービスに関するお問い合わせ

製品、サービスに関するお問い合わせは、
電話・フォームにて承っております。

お電話でのお問い合わせ

03-5604-7801

メールでのお問い合わせ