catch-img

パーソルホールディングス株式会社 様 HPE SimpliVity 導入事例

最大の目的はリソース増強の柔軟性を確保すること。HCI製品としては、デジタルテクノロジー(DTC)が提案した「HPE SimpliVity」が採用されています。これによって目的を達成すると共に、パフォーマンスの大幅な向上も実現。クラウドライクに使えるため、今後進むと予想されるハイブリッドクラウドへのシフトも、容易になると評価されています。

記事を見る

catch-img

学校法人奈良学園様  HCI(D-RAID ADVANCE)導入事例

採用理由は、システム基盤をシンプルにできるHCIを安価に導入できること。ストレージをオールフラッシュ構成にした場合でも、他社HCI製品よりコストを抑えることが可能でした。既存環境からの移行は計画立案も含めわずか1か月半で完了。移行後も高いパフォーマンスを維持し続けています。

記事を見る

catch-img

ジー・プラン株式会社 様 HCI(D-RAID ADVANCE) 導入事例

2001年にポイント交換プラットフォームを世に送り出し、提携先約160社のポイントと交換可能な「Gポイント」を提供するジー・プラン株式会社。ここではそのシステムを支える仮想基盤として、デジタルテクノロジー( D T C )の「D - R A I DADVANCE」が採用されています。採用の決め手になったのは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)を低コストで導入できること。またメインストレージとしてSSDを選択することで、パフォーマンス向上も実現しています。

記事を見る

catch-img

高可用性ソリューション「Zerto Virtual Replication」とは?

ITシステムの停止が社会にもたらす影響が極めて大きくなっています。ミッションクリティカルなシステムはもちろんのこと、通常の業務システムや一般消費者向けのサービスにも24時間365日の稼働が求められることが多くなりました。 従来なかった高可用性ソリューションが必要になっています。そのソリューションとして私たちが、Zerto Virtual Replication(以下ZVR)を推奨する理由は何でしょうか?

記事を見る


catch-img

オンプレミスからスムーズにクラウドへ移行するには?

「クラウド・ファースト」と言われるようになって久しく、先にクラウドで運用できないかを検討した上で、オンプレミスとクラウドを適材適所で活用するユーザーが増えてきました。クラウドには様々なメリットがありますが、既存のオンプレミスのシステムをクラウドへ移行する際には、様々な課題があることも事実です。

記事を見る



catch-img

IT環境の設定を自動化!構成管理ツールにAnsibleが選ばれる理由

Webアプリケーションが主流の現在、IT環境を自動化する構成管理ツールは必要不可欠になりつつあります。構成管理の自動化ツールにもさまざまな種類がありますが、プログラミングの知識も必要でエージェントも不可欠など、不便な点もあります。Ansibleは、先発の構成管理ツールのデメリットをフォローし、手軽に構成管理の自動化ができるRed Hatのオープンソースソフトウェアです。Ansibleがなぜ構成管理ツールとして選ばれるのかという解説と、Ansibleの導入事例をご紹介しますのでぜひご覧ください。

記事を見る