catch-img

学校法人奈良学園様  HCI(D-RAID ADVANCE)導入事例

D-RAID ADVANCEでシステム基盤をシンプル化
Zertoで移行することでダウンタイムを最小化、2日で移行完了

奈良県下に4キャンパスを有し、幼稚園から大学院までを運営している学校法人 奈良学園。ここでは基幹系システムと教育系システムの更改タイミングに合わせて、デジタルテクノロジー(DTC)の「D-RAID ADVANCE」が導入されています。採用理由は、システム基盤をシンプルにできるHCIを安価に導入できること。ストレージをオールフラッシュ構成にした場合でも、他社HCI製品よりコストを抑えることが可能でした。既存環境からの移行は計画立案も含めわずか1か月半で完了。移行後も高いパフォーマンスを維持し続けています。

課題

●仮想化基盤、仮想化管理サーバー、ネットワーク管理サーバーを統合し、物理的なサーバー台数を削減してシンプルにしたい。
●短い導入スケジュールに対応できること。移行も含めリプレースを1か月半で完了したい。

解決

●HCIとしてD-RAID ADVANCEを採用することで、合計3台の物理サーバーに統合。オールフラッシュ構成とすることで高いパフォーマンスも実現し、将来に向けた拡張性も確保可能になった。
●Zertoを使用しESXi4.1からESXi6.5へダイレクトに移行することで、ダウンタイムが大幅に削減され、移行スケジュールも短縮できた。


続きはこちらから(PDFダウンロード)

DTCのHCI(D-RAID ADVANCE)はこちらから

DTC HCIなどITインフラ基盤の統合バックアップを 実現するデータ管理アプライアンスの提供開始

2016年11月28日

DTCでは、好評を得ているハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCEで培った、IT環境のユーザーエクスペリエンスを向上させるノウハウをもとに、高度な専門IT知識を持つ管理者がいなくても短時間での導入/展開、簡単な運用を実現するDR-E VHを開発しました

DTC セキュリティ対策アプライアンスの提供開始

2016年11月28日

DTCでは、好評を得ているハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCEで培った、IT環境のユーザーエクスペリエンスを向上させせるノウハウをもとに、高度な専門IT知識を持つ管理者がいなくても短時間での導入/展開、簡単な運用を実現するDR-E REを開発しました。

DTC ハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCE提供開始

2015年12月18日

DTCは、VMware社のプレミアパートナとして数々の仮想化基盤やクラウド環境の構築や設計を手掛けてきました。その中で中堅・中小企業において仮想化環境の容易な導入とシンプルな運用が求められている背景から、自社ブランドのハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCEを開発しました。

お電話でのお問合せ

03-5604-7801

メールでのお問い合わせ