catch-img

Amazon FSx for NetApp ONTAPのご紹介

ーはじめにー

「Amazon FSx for NetApp ONTAP」はAmazon Web Services(AWS)で昨年から提供されているストレージサービスです。ONTAPはオンプレミスのネットワーク接続型ストレージ(NAS)を支えてきたNetAppのFAS/AFF等で培ってきた伝統的なファイルシステム技術であり、ONTAPの全ての機能をAWSマネージドサービスとして利用できることからもうひとつの「Amazon FSx for Windows File Server」などとは違ったメリットが得られる点からもお勧めしたいストレージサービスのひとつとなっています。

*FSx for ONTAPファイルシステムには、プライマリストレージとキャパシティプールストレージの2つのストレージ階層があります。階層化ポリシーも下記のような4タイプが用意されています。

①Auto:アクセス頻度の低いブロックを移動する。
②Snapshot Only:スナップショットのみ移動する。
③All:メタデータを除く全てを移動する。
④None:階層化を無効にする。


1. Amazon FSx for NetApp ONTAPの特徴・利点

Amazon FSx for NetApp ONTAPは、AWSクラウド内でのフルマネージド共有ストレージとしての利用やONTAPの一般的なデータアクセスおよび管理機能をサービス利用することができます。

Amazon FSx for NetApp  ONTAPを利用するうえで、期間を定めたり事前に購入する必要なく、利用した分の料金を支払うようになるため、少量のデータや短期間での利用も可能となっています。そういったサービス特徴についても、参考までに以下にいくつか取り上げてみました。


Point1. 容易な管理運用
   ・AWSマネジメントコンソールやNetApp Cloud Manager
   ・Amazon FSx CLIやONTAP CLI/REST APIにも対応
   ・qtreeを使用し、クォータ管理


Point2. マルチプロトコル対応
   ・NASで用いられているSMBやNFS
   ・iSCSIでブロックストレージ用途にも対応


Point3. マルチAZでのHA構成
   ・2か所のアベイラビリティゾーンでのゾーン間レプリケーションに対応


Point4. ストレージコスト削減可能となる機能
   ・重複排除/データ圧縮/シンプロビジョニング
   ・ストレージプールで低いコストストレージへの自動的なティアリング機能


Point5. 多彩なデータ転送機能:オンプレからの移行やハイブリッド環境構築に
   ・SnapMirror/ SnapVault/ FlexCache/ FlexClone


Point6. 時間と容量、性能による従量課金型で提供
   ・容量は1TiBからの選択が可能となっており、スループットとIOPS性能を指定
    することで課金構成される(インスタンスと組み合わせるといった複雑な設
​​​​​​​    計作業は不要である)


Point7. データ保管時や転送時の暗号化


Point8. Linux、Windows、MacOSからのアクセスや、EC2、EKS、Workspaces、
     Appstream、VMware Cloudとの連携


*最近では、マルチAZのみではなく、シングルアベイラビリティーゾーン (AZ) デプロイもサポートされています。

この選択ができるようになったことで、マルチ AZ ファイルシステムのデータ回復モデルを必要としないようなユースケースにおいて、開発やテストのワークロードの実行や、オンプレミスや他のAWSリージョンで既に利用しているデータのセカンダリコピー用途などの場合で、このような低コストで利用できるシングルアベイラビリティーゾーン (AZ) デプロイ対応はニーズにあったアップデートだったと言えるでしょう。

またシングルAZの場合でも、他AZへの自動バックアップ機能であれば利用選択ができるようになっています。


2.利用ケースについて

フルマネージド利用が可能なことからパブリッククラウド環境向けに新規運用設計をすることなく、パブリッククラウドへそのまま展開することができることなど、オンプレミス環境とパブリッククラウド環境の連携など効率よくデータ連携を行うことも容易です。

NFS/SMBやiSCSIを利用するだけでなく、例として以下のようなデータ連携も可能です。

​​​​​​​

例1.オンプレミスとAWSでデータ連携


例2.クロスリージョン


3.ファイルシステムを作成してみよう

ストレージサービスのFSxから「ファイルシステムの作成」を開き、ファイルシステムタイプから「Amazon FSx for NetApp ONTAP」を選択します。

クイックまたはスタンダード設定を選択し、必要事項を入力することでファイルシステム自体は容易に作成することができます。

(マルチAZを選ぶと、作成後にシングルAZには変更ができないようです)


このように、容量やVPCを指定し実行すると、SVMやVolが作成され、FSxファイルシステムに利用できるネットワークやセキュリティを割り当てることができるようになります。

また、ここでは試していない動作速度については、作成時に定義される「スループット容量」という項目があり、そこで定めた値付近の速度は出せるようです。


4.サンプル構成で参考コストを算出してみよう

*サンプルとして想定した構成の月額課金をツールにて算出してみたので参考にしてください。(最新の正式な料金は公式ページにてご確認をお願いします)

■大まかな構成要素の5つ

  • (1)SSDストレージの紹介
  • (2)SSD IOPs
  • (3)キャパシティプールの容量
  • (4)スループット
  • (5)バックアップストレージ

今回のサンプル想定構成(東京リージョン)
・総ストレージ容量:20TB
・SSD割合:20%
・展開タイプ:マルチAZ
・IOPS(スループット):512Mbps
・圧縮・重複排除による削減:65%
・バックアップ:無効


想定項目
条件
単価

合計/月
SSDストレージ
総容量に対するSSD割合:20%
$0.3/GiB-month
$430
キャパシティプール
ストレージ
平均容量:5.6TiB
$0.048/GiB-month
$273
スループット
キャパシティ
512Mbps
$1.511/Mbps-month
$774
SSD IOPS
-
$0.041/GiB-month
-
バックアップ
なし
$0.05/Gib-month
$0
合計金額


$1,477~



5.まとめ


今回は、Amazon FSx for NetApp ONTAPについて簡単な紹介となりました。このようなエンタープライズクラスのNetApp ONTAPストレージがAmazon FSxとしてNFS/SMBやiSCSIの提供がされ選択肢が増えたことで、FSx利用用途は今までより拡大されたのではないでしょうか。

またAmazon FSx for NetApp ONTAPでは、費用対効果に優れている重複排除や圧縮機能、アーカイブ機能としてのキャパシティプールが活用できることで、既存サービスのEFSやStorage Gatewayとのすみ分けにもなりそうです。


キャンペーン

お電話でのお問合せ

03-6914-5499

メールでのお問い合わせ

人気記事ランキング

タグ

アーカイブ