パーソルホールディングス株式会社 様(パーソルグループ)
HCI (HPE SimpliVity) 導入事例

HPE SimpliVityへの移行で仮想化環境の柔軟性を確保
グループ全体のイノベーション創出を積極的に支援

2016年7月に新ブランド「PERSOL」を導入し、「すべてのはたらく人を応援」しているPERSOL(パーソル)グループ。ここではグループ全体のイノベーション創出を支える仮想化基盤が、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)へと移行されつつあります。その最大の目的はリソース増強の柔軟性を確保すること。HCI製品としては、デジタルテクノロジー(DTC)が提案した「HPE SimpliVity」が採用されています。これによって目的を達成すると共に、パフォーマンスの大幅な向上も実現。クラウドライクに使えるため、今後進むと予想されるハイブリッドクラウドへのシフトも、容易になると評価されています。

目次

  • リソース増強の柔軟性を確保するため仮想化基盤をHCIへと移行することに
  • 4つの特長に魅力を感じHPE SimpliVityを採用 HCIを熟知したDTCの提案内容も高く評価
  • 必要リソースが増えても安心して運用可能 パフォーマンスも以前に比べて圧倒的に向上

課題

● 開発環境の老朽化への対応
● リソース確保の柔軟性確保
● 初期投資の抑制。

解決

● ノード追加が容易なHCIを導入
● 最小2ノード構成で初期投資を抑制

今すぐ無料でダウンロード!


アップロードしています。少々お待ちください。