プレスリリース

DTC Druva社とディストリビュータ契約、テレワーク環境のエンドポイント保護を提供
月額900円でデータ保護が可能に。新型コロナウィルス対策支援 6か月無料プロモーションも提供

2020年5月18日
デジタルテクノロジー株式会社

デジタルテクノロジー株式会社(本社:東京都荒川区東日暮里、代表取締役社長:小林 浩利、以下 DTC)は、クラウドデータ保護および管理のリーダーであるDruva Inc. (本社:カリフォルニア州サニーベール、CEO :Jaspreet Singh 、以下 Druva)と販売代理店契約(ディストリビューター契約)を締結したことを発表致します。

DTCはこれまで多数のオンプレミスやクラウド環境のバックアップ環境構築、支援を手掛けてきました。
その中で、シンプルかつ費用対効果の高いサーバー向けバックアップ、クラウド時代におけるエンドポイントのデータ保護やセキュリティーが求められるようになった背景から、DruvaのPhoenix(フェニックス、以下Phoenix)とinSync(インシンク、以下inSync)製品をラインナップに加え、サーバーだけでなくクラウドアプリケーションを含むエンドポイント保護のソリューション拡充を図ります。

DruvaのSaaS製品は、エンドポイント、データセンター、クラウドを含むワークロード全体のエンタープライズデータを保護および管理する唯一のSaaSベースプラットフォームです。企業に不要なハードウェアを排除しながら、複雑さとコストを最大50%削減できるよう支援します。

DTCは、Druvaの独自アーキテクチャを活用して、顧客がより安全でよりコンプライアンスの高い環境を作成できるよう支援します。Druvaはこれまでのバックアップで必要であったバックアップサーバーやストレージ等のハードウェアを必要としないため、すぐに使用を開始することが可能です。
バックアップデータは日本国内のクラウドだけでなく海外のクラウドへ保管することも可能です。

DTCでは、仮想化やクラウド、働き方改革に対応したソリューションへの更なる対応を強化すべく、Phoenix, inSyncを中心として、当社独自のソリューションを加えたデータ保護・セキュリティーサービスの提供も今後行っていく予定です。

なお、DTCでは初年度100ユーザへの出荷を見込んでいます。

 

🔸新型コロナウィルス対策支援 6か月無料プロモーション
Druvaでは、新型コロナウィルス対策支援として、在宅勤務やテレワーク等の働き方改革を実施している企業に対し、エンドポイント保護の6か月無料プロモーションを実施しています。企業は今までにない課題に直面し、リモートワーク実施により重要データはエンドポイント、クラウドストレージへの分散化が始まっています。inSyncは、操作ミスによるデータ削除、コンプライアンスの監視、ランサムウェア攻撃等のリスクを最小限に抑え、従業員が安全にリモートワークで作業できるように支援します。

<キャンペーン詳細>
https://www.dtc.co.jp/campaign/druva_free

 

🔸Druva製品の概要
Phoenix:オンプレやIaaS、プライベートクラウドなど場所に関わらず、Windows Server, Linux, MS-SQL, Oracle, VMware, Hyper-V, NASなどさまざまなデータソースを数ステップの設定で自動的にバックアップが行われるようになります。サーバーやCPUの数、スナップショットの数、リストア回数、保存期間に関わらず、使用したストレージ量だけが課金対象です。基盤となるAWSの利用料もすべて込みで、コスト予測が容易になります。特許取得済みの重複排除機構により、組織全体でユニークなデータブロックのみがバックアップされるようになり、さらにコストを削減できます。

inSync:エンドポイントデバイスやクラウドアプリ (Office 365, G Suite, Salesforce, Slack) 向けのクラウドネイティブなデータ保護サービスです。社内のあらゆるエンドユーザーデータを自動的にバックアップし、データの復元、ランサムウェア対策、情報漏えい対策 (DLP)、データの可視化や分析、個人情報保護対策、PCやOSの移行など、さまざまな機能を提供します。

<製品詳細>
https://www.dtc.co.jp/druva

 

🔸参考価格
inSync Cloud Business 1user @¥900/月~
Phoenix Business 1TB @¥45,000/月~

 

<Druvaエンドースメント>
数々の先進的なITソリューションを手がけるデジタルテクノロジー社がエンドポイント、オンプレミス、クラウドのすべてのワークロードのデータ保護および管理を提供するDruva社のSaaS プラットフォームの販売、サポートの提供を開始して頂いたことを大変嬉しく思います。

クラウドベースのソリューションは、企業が新しい作業環境で従業員の生産性を維持するために、ますます重要になっています。

幅広い業界・業種へのシステム構築の実績があり、導入から構築、保守サポートまで一貫したサービスの提供が可能なデジタルテクノロジー社をパートナーに迎えられたことは、新たな働き方やIT環境を構築されるお客様にとってもDruva製品を使用した新たな価値創造につながると期待しております。

Pete Yamasaki, APACJ地域担当バイスプレジデント

 

🔸デジタルテクノロジーについて
デジタルテクノロジー株式会社(DTC)は東京都荒川区に本社を置き、株式会社DTS(東証一部上場、本社:東京都中央区、代表取締役社長:西田 公一)の100%子会社で、ITインフラ構築を専門とするシステムインテグレーターです。テレワークソリューションを含むマルチベンダーハードウェアの販売・構築・保守・運用を行っており、2,000社以上の企業・官公庁・大学・研究機関と取引実績を有しております。

特に仮想基盤やハイブリッドクラウド基盤の構築、ストレージ・バックアップ製品の販売・構築に強みを持ち、主要なハードウェアベンダーとの強力なパートナーシップにより多様なお客様ニーズに適応したシステムインテグレーションを提供しています。

URL:http://www.dtc.co.jp/

 

🔸Druvaについて
Druvaは業界初の データ管理アズアサービス (Data Managemet-as-a-Service) ソリューションを提供する、クラウドデータ保護と情報管理の世界的リーダーです。エンドポイント、サーバー、クラウドアプリケーションからデータを集約し、パブリッククラウドを活用して情報の保護、保全、検出を行う単一画面を提供します。これにより、業務上重要な情報の管理と保護に関わるリスク、コスト、複雑さを低減しながら、可用性と可視性を大幅に向上することができるようになります。

Druvaの受賞歴のあるソリューションはデータをインテリジェントに収集し、バックアップ、ディザスタリカバリ、アーカイブ、ガバナンス機能を単一の最適化されたデータセットへ統合します。業界で最も急成長しているデータ保護プロバイダーとして、Druvaは4000社以上のグローバルな組織に採用され、150 PB (ペタバイト) 以上のデータを保護しています。

URL:https://jp.druva.com/

 

◆お問い合わせ
デジタルテクノロジー株式会社 SIビジネス部
Tel:03-5604-7801 E-mail:sales@dtc.co.jp

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。