DTC ハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCE提供開始

2015年12月18日
デジタルテクノロジー株式会社


仮想化環境の容易な導入と運用を実現する

速くて安いハイパーコンバージドインフラ

D-RAID ADVANCE提供開始


デジタルテクノロジー株式会社(本社:東京都荒川区東日暮里、代表取締役社長:伊東 辰巳、以下DTC)は、自社ブランドのハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCEの提供を開始したことを発表します。


中堅・中小企業においても、仮想化によるITの柔軟性、俊敏性、拡張性を向上させてビジネスを推進させることが一般的となってきました。しかし、仮想化環境を準備するためには、サーバとストレージ個々のサイジングや日々の業務に合わせたパフォーマンス設計、新規機器導入による運用の変更などの課題を解決する必要があります。そのため中堅・中小企業では、仮想化環境の設計や運用にかかわるコストが増大しています。


DTCは、VMware社のプレミアパートナとして数々の仮想化基盤やクラウド環境の構築や設計を手掛けてきました。その中で中堅・中小企業において仮想化環境の容易な導入とシンプルな運用が求められている背景から、自社ブランドのハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCEを開発しました。


ハイパーコンバージドインフラD-RAID ADVANCEは、サーバとストレージが一体化したシンプルな構成で、迅速で容易な導入と高いデータ保護性能、ハイパフォーマンスをローコストに実現した仮想化に最適なハイパーコンバージドインフラ環境を提供します。D-RAID ADVANCEでは、データコア・ソフトウェア社の「SANsymphony-V10」を仮想化ストレージとして採用しています。そのため大容量メモリのキャッシュ機能とオプション搭載のPCIアクセラレーターによるオールフラッシュストレージに匹敵するパフォーマンス、利用中の既存ストレージからのデータ移行、柔軟なスケールアウト・スケールアップ拡張、信頼性の高いデータ保護などコストを抑えつつ豊富な機能とハイパフォーマンスを実現しています。例えば、ユーザがD-RAID ADVANCEを採用すると機器の調達、設計に掛かる時間を大幅に減らすことができるため、すぐに欲しいシステムを迅速に展開してビジネスを推進することができ、導入や運用に掛かるコストも減らすことが可能です。


DTCでは、中堅・中小企業向けの仮想化やクラウドに対応したソリューションを強化すべく、D-RAID ADVANCEを中心として、ハイブリッドクラウドでのデータ保護サービスの提供も今後行っていく予定です。なお、DTCでは、初年度100セットの出荷を見込んでいます。


◆D-RAID ADVANCE概要

・仮想サーバやVDI(仮想デスクトップ)基盤に最適なハイパフォーマンス

・必要なハードウェアとソフトウェア(ハイパーバイザ含む)を含むシンプルな構成

・スケールアウト・スケールアップ対応可能な柔軟な拡張性

・既存資産を無駄にしない容易なデータ移行

・完全筐体間ミラーによる信頼性の高いデータ保護


<製品詳細>

https://www.dtc.co.jp/DRA


◆参考価格

基本パッケージ:3TBモデル 500万(税別)~

*詳細はお問い合わせください。


◆デジタルテクノロジーについて

デジタルテクノロジー株式会社(DTC)は東京都荒川区に本社を置き、株式会社DTS(東証一部上場、本社:東京都港区、代表取締役社長:西田 公一)の100%子会社で、ITインフラ構築を専門とするシステムインテグレーターです。セキュリティ商品を含むマルチベンダーハードウェアの販売・構築・保守・運用を行っており、1,000社以上の企業・官公庁・大学・研究機関と取引実績を有しております。

仮想化・ハイブリッドクラウド基盤構築、高性能なストレージ製品の販売・構築に強みを持ち、主要なハードウェアベンダーとの強力なパートナーシップにより、多様なお客様ニーズに適応したシステムインテグレーションを提供しています。また、海外関連会社を通じた最新テクノロジーの輸入・販売も行っており、海外メーカーとの直接のコネクションを活かし、いち早く最新技術を日本のお客様にお届けしています。


*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

お電話でのお問合せ

03-5604-7801

メールでのお問い合わせ