ジー・プラン株式会社 様
HCI (D-RAID ADVANCE) 導入事例

全社システムの仮想基盤としてD-RAID ADVANCEを採用
オールフラッシュ構成でデータベースの仮想化も容易に

2001年にポイント交換プラットフォームを世に送り出し、提携先約160社のポイントと交換可能な「Gポイント」を提供するジー・プラン株式会社。ここではそのシステムを支える仮想基盤として 、デジタルテクノロジー(DTC)の「 D-RAID ADVANCE」が採用されています。採用の決め手になったのは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)を低コストで導入できること。またメインストレージとしてSSDを選択することで、パフォーマンス向上も実現しています。

目次

  • 老朽化したシステム基盤を段階的に刷新するため vSphere ESXiによる仮想環境の構築を開始
  • 新たな仮想基盤としてD-RAID ADVANCEを選択 最大の魅力は低コストでHCIを導入できること
  • SSDでパフォーマンスが大幅に向上 インシデントの少なさも高く評価

課題

▶高い可用性を実現するHCIの予算内での導入
▶ストレージのボトルネック解消とデータベースの仮想化
▶物理サーバーの保守期限に振り回されることからの解放

解決

▶2ノード構成で安価に高可用性HCIを実現
▶オールフラッシュ構成とすることでボトルネックを解消
▶パフォーマンスの大幅な向上でデータベースを仮想化
▶物理サーバーを仮想化統合することで保守期限を統一

今すぐ無料でダウンロード!


アップロードしています。少々お待ちください。