イベント・セミナー

AI社会とインターネット
Interop Tokyo 2024

※ 外部サイトへ遷移します。

2024年6月12日(水)~14日(金)に幕張メッセにて開催される、「Interop 2024」にて出展を行います。

Interop Tokyoはインターネットテクノロジーのイベントです。

1994年の日本初開催以来、毎年国内外から数百の企業・団体が参加し、技術動向とビジネス活用のトレンドを、会場でのデモンストレーションやセミナーを通じてお伝えしてきました。国内のインターネットや技術革新の歴史と共に歩んできたこのInterop Tokyoをご覧いただくことで、インターネット分野のトレンドをいち早く体感いただくことができます。

弊社ブース概要

【1台から購入できる!】中堅・中小企業でも導入できるEDR!

EDRを導入する上で、こんなお悩みありませんか?

■ EDRの少量ライセンスを買いたのに、大規模向けのソリューションしかない
■ セキュリティに詳しい人がいないので、EDRを導入した後運用できるか心配
■ 「調査」「隔離」「修復」を人が行うため、脅威の検知から復旧に時間が掛かる

今回弊社ブースでは、 人が対応する「隔離」「調査」「復旧」作業を AI で自動化し、1分以内に自動復旧! 中堅・中小企業におけるEDR導入の前に立ちはだかる 「SOCコスト」 「情シス不足」の壁を打ち破る『SOCがいらないEDR 』 【SentinelOne】をご紹介します!

製品・サービス情報一覧

【1】世界的な調査機関にも認められる高い防御性能!

防御性能面においてさまざまな調査機関・試験から高い評価を受けています!

■ MITRE Engenuity ATT&CKで100%の検知率を達成(2023年10月現在)
■ ガートナー社のマジッククアドラントで「リーダー」として選出

さらに、静的AIと動的な振る舞いAIの両面から脅威を検知するため、未知のマルウェアでもファイル実行前に排除し、もしすり抜けてしまった場合でも被害を最小限に抑えることができることも特徴です。

【2】低予算・情シス不足に悩んでいた中小企業が導入した「EDR」とは
   ~SentinelOne導入事例~

日本タクシー株式会社様のSentinelOne導入事例をご紹介します。

SentinelOne採用の決め手となったのは、中小企業にも現実的な金額感で「EDR」が導入できること。テスト運用も含め3か月で既存のアンチウイルスソフトから移行完了。セキュリティレベルが上がり社内の安心感も高まったそうです。

以下URLよりダウンロードいただける資料は、「SentinelOne導入の決め手」「導入後の効果」をご紹介しています!

【3】当社でも導入実績があります!
    ~SentinelOneは中堅・中小企業のニーズにマッチしたEDR !~

実は当社でもSentinelOneを導入しているんです!
当社の情シスがSentinelOneを導入する際に、検討した事項や、つまずきポイントなど、導入までの軌跡をご紹介しています。

詳細を知りたい方は是非、デジタルテクノロジーのブースへお越しください!

【4】デジタルテクノロジー ブースはこちら!

弊社ブース位置は、下図の場所をご参照ください。(Hall3 Interopパビリオン内)
ささやかですが、ノベルティもご用意しておりますので、是非お気軽にお越しください!

開催概要

名称

Interop Tokyo 2024
会期

2024年6月12日(水)~14日(金)

会場/時間

幕張メッセ(国際展示場 展示ホール2~6 / 国際会議場)

【 国際展示場 展示ホール2~6 】

 展示会/展示会場内セミナー
 10:00~18:00
(最終日のみ 17:00 終了)
 

【 国際会議場2F 】
 基調講演
 9:30~
(初日のみ Opening 9:15 開始)


【 国際会議場1F 】
 Interop Tokyo カンファレンス

 ※参加には別途ご登録が必要です

主催

Interop Tokyo 実行委員会

運営

一般財団法人インターネット協会
株式会社ナノオプト・メディア
特別協力

 WIDEプロジェクト

料金 /
登録の有無

 【 無料 / オンライン登録制(会期3日間有効) 】

展示会・講演(基調講演・会場内セミナー・専門セミナー)

【 有料 /オンライン登録制】

Interop Tokyo カンファレンス

URL  https://www.interop.jp/

キャンペーン

タグ

人気記事ランキング