バックアップ

災害時のデータ保護、事業継続性の確保、データのバックアップは企業の生命線です。
DTCは、コストと工数を削減しつつ、万全なバックアップ体制をあわせ持つ確かな製品を提供いたします。

Veeam製品体系

2021年4月1日 現在

■ Veeam 製品体系図

■ Veeam Backup & Replication(VBR)

・ソケットライセンスとユニバーサルライセンスの2種類

・ソケットライセンスではオンプレミスの仮想環境(AHV 除く)にのみ対応。
 ユニバーサルライセンスでは仮想・物理・クラウド・DB・NAS に対応

■(セット製品)Veeam Availability Suite

・Veeam Backup & Replication(VBR)と監視ツールVeeam ONE のセット製品

・VBR はソケットライセンスとユニバーサルライセンスの2種類から選択可能

・ソケットライセンスではオンプレミスの仮想環境(AHV 除く)にのみ対応
 ユニバーサルライセンスでは仮想・物理・クラウド・DB・NAS に対応

■(セット製品)Veeam Backup Essentials

・Veeam Backup & Replication(VBR)と監視ツールVeeam ONE のセット製品

・VBR の保護対象に 50インスタンス以下 or 6CPU 以下 の制限あり

・VBR はソケットライセンスとユニバーサルライセンスの2種類から選択可能

・VBR のエディションはEnterprise Plus、Enterprise、Standard から選択可能で、エディションにより使用できる機能が異なる

・ソケットライセンスではオンプレミスの仮想環境(AHV 除く)にのみ対応
 ユニバーサルライセンスでは仮想・物理・クラウド・DB・NAS に対応

■ その他ラインナップ

■ Veeam Backup for Microsoft Office 365
 ・Microsoft Office 365(Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business、Microsoft Teams など)のバックアップが可能です

■ Veeam Disaster Recovery Orchestrator (旧称:Veeam Availability Orchestrator)
 ・DR サイトへのフェイルオーバー自動化、復元、ネットワーク正常性確認、サービス開始、メール送付など、DR 計画のプラン構築からテスト・実行を行います

■ Veeam ONE
 ・バックアップ、仮想環境、物理環境の監視、分析。キャパシティプランニングが可能です

■ Kasten K10
 ・Kubernetes アプリケーションのバックアップやリストア、DR などを行います

■ Veeam Management Pack for Microsoft System Center
 ・vSphereだけでなく、Hyper-V、Veeam Backup & Replication もSystem Center から一元管理可能にします

■ Veeam Backup Essentials with NAS Capacity Pack
 ・1TB ごと、最大50TB までのNAS データ保護を低価格で行うことができます

その他の疑問点はお気軽に問い合わせください

関連ブログ

Veeam Backup Enterprise Managerの日本語対応

Veeam Backup & ReplicationのV11が2月下旬にリリースされました。 このアップデートにより、Veeamの管理コンソールであるEnterprise Managerを日本語で操作できるようになりました。 今回は、日本語で表示されている管理画面や設定方法について解説していきます。

【2021年版】Veeamライセンス変更点解説

仮想環境のバックアップに特化したVeeamが2021年1月1日に主力製品である「Veeam Backup & Replication」(VBR)とデータ保護とリソース管理機能を1つにまとめた「Veeam Availability Suite」(VAS)のライセンス変更を行いました。さらに2020年10月には中小企業向けの条件付き製品である「Veeam Backup Essential」(VBE)の条件を大幅に緩和しました。

Veeam V10a新機能 AWS S3への自動バックアップデータ保管

2020年版ガートナーのマジッククアドラント【データセンターバックアップ/リカバリーソリューション部門】で4度目のリーダーに選ばれたVeeam社のバックアップソフトウェア製品であるVeeam Backup&Replicationが、この度“V10a”へとアップデートされました。 この最新ビルドであるVeeam Backup&Replication “V10a(10.0.1.4854)”は、2020.07.23に公開されており、クラウドネイティブスナップショットを使用するイメージバックアップで、AWS EC2インスタンスが取得可能になったことや、NASやFileServerのファイルバックアップに対応するなど数多くの機能拡張と修正が行われています。 その中でも今回は、ScaleOut Repositoryに追加された新機能を紹介したいと思います。

お問い合わせ

無料トライアルも可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。