Pickup Blog

【セミナー資料配布】ダウンタイムを9割削減!クラウド移行とあえてのオンプレ回帰術 日経 xTECH EXPO 2019出展レポート

こんにちは。今年からマーケ担当になった町田です。 さて、初投稿となる今回のテーマは、10月9日(水)~11日(金)に行われた「日経xTECH EXPO 2019」の出展レポートです。

高可用性ソリューション「Zerto Virtual Replication」とは?

ITシステムの停止が社会にもたらす影響が極めて大きくなっています。ミッションクリティカルなシステムはもちろんのこと、通常の業務システムや一般消費者向けのサービスにも24時間365日の稼働が求められることが多くなりました。 従来なかった高可用性ソリューションが必要になっています。そのソリューションとして私たちが、Zerto Virtual Replication(以下ZVR)を推奨する理由は何でしょうか?

「Zerto Ver.6.5」はこんなことが出来る

Zerto Virtual Replication(以下ZVR)は仮想化環境のために1からデザインされたシンプルなソリューションであり、仮想化環境での高可用性ソリューションとして様々なアドバンテージを有しています。 本稿ではZVRのアーキテクチャーと、最新バージョン6.5の先進性をご紹介します。

オンプレミスからスムーズにクラウドへ移行するには?

「クラウド・ファースト」と言われるようになって久しく、先にクラウドで運用できないかを検討した上で、オンプレミスとクラウドを適材適所で活用するユーザーが増えてきました。クラウドには様々なメリットがありますが、既存のオンプレミスのシステムをクラウドへ移行する際には、様々な課題があることも事実です。

Zerto Virtual Replicationでマルチクラウドに簡単に対応する

パブリッククラウドを組み合わせることで最適な選択をする「マルチクラウド」がトレンドになっています。マルチクラウドのメリットと問題点、および問題を解消するための方策について解説します。

IT環境の設定を自動化!構成管理ツールにAnsibleが選ばれる理由

Webアプリケーションが主流の現在、IT環境を自動化する構成管理ツールは必要不可欠になりつつあります。構成管理の自動化ツールにもさまざまな種類がありますが、プログラミングの知識も必要でエージェントも不可欠など、不便な点もあります。Ansibleは、先発の構成管理ツールのデメリットをフォローし、手軽に構成管理の自動化ができるRed Hatのオープンソースソフトウェアです。Ansibleがなぜ構成管理ツールとして選ばれるのかという解説と、Ansibleの導入事例をご紹介しますのでぜひご覧ください。

情報セキュリティ10大脅威2018|今年ランクインした脅威と対策

インターネットが発達し、多くのビジネスにもITが取り入れられるようになりました。しかし、IT の発達によって多くの業務が効率的になりつつあるものの、サイバー攻撃によるトラブルのリスクも増えつつあるのです。 独立行政法人情報処理推進機構は、2017年に多く発生した情報セキュリティにおける脅威として、「情報セキュリティ10大脅威2018」というものを発表しています。今回は、この「情報セキュリティ10大脅威」の内容について詳しく見ていきましょう。

クラウドバックアップはセキュリティに不安?今後の課題とは

クラウドバックアップはセキュリティ面で問題はないのでしょうか?クラウドバックアップは利便性や汎用性の点でメリットが多いですが、一方の課題についてご紹介します。クラウドでのバックアップ導入をお考えの方はご覧ください。

クラウドを活用したバックアップのメリットまとめ

クラウドをバックアップに活用することは、利用者にどのようなメリットをもたらすのでしょうか?クラウドでバックアップすることにより、近年問題となっているテーマに対処することができます。解決できるトピックをご紹介します。