Software-Defined Server

inverse hypervisor technology


TidalScale Software-Defined Servers

革新的なSoftware-Defined Server技術の中心に位置付けるタイダルスケール。
タイダルスケールのSoftware-Defined Serversを利用することにより、OSやアプリケーションの変更なしで、複数の物理サーバーを束ねてあらゆるサイズの仮想マシンを柔軟に作成できるようになります。

これにより、既存のデータセンターリソースの有効期限と価値が延長され、オペレーティングシステムやアプリケーションを一度に変更することなく、ユーザーは現在利用可能なサーバーの何倍も多くのシステムにオンデマンドでアクセス出来るようになります。
また、数十テラバイトのメモリ、数百のコア等、要求の厳しいアプリケーションを実行出来るようにすることで、組織がより迅速に結果を達成出来るようにします。これにより、クラスタ全体でコードまたは断片データセットを書き換える必要がなくなります。

Software-Defined Serverは柔軟な環境を提供し、既存のIT資産を活用することでコストを削減し、将来のニーズを予測して過剰にプロビジョニングする必要がないように、「成長に合わせた投資」モデルを提供します。

Software-Defined Serverとは

 

  Software-Defined Serverが行うこと

  • 物理リソースの集約
  • 単一のゲストOS
  • OSとアプリケーションの変更不要
  • スケールアウト
  • スケールアップ
  • 機械学習による自己最適化
  • 仮想リソースを物理インフラストラクチャにマップ
  • 実行時に動的にリソースの負荷分散
  • vCPUとメモリを透過的に移行

より速い結果を

  1. インメモリ性能
  2.  スケーラビリティ
  3. データ調整なし
  4. ソフトウェア開発なし
  5. 迅速な導入

より低いコストで

  1. ハードウェアコスト
  2. 成長に合わせた投資
  3. クラウド・オンプレ
  4. シンプルな管理
  5. 最適化されたライセンス

現在の仮想化との違い

現在の仮想化
  • 物理リソースの分割
  • 1つ以上のゲストOS
  • 小規模なアプリケーションやデータセットに最適
  • 大規模アプリケーションには不向き

TidalScale Software-Defined Server

複数のサーバを集約し、単一の仮想システムが作成可能
機械学習による自己最適化

製品に関するお問い合わせ

製品、サービスに関するお問い合わせは、
電話・フォームにて承っております。

お電話でのお問い合わせ

03-5604-7801

メールでのお問い合わせ